本八幡で首肩・腰・膝の痛み・スポーツ障害等の治療なら東すがのみんなの整骨院へ
HOME>スポーツ障害

腰椎分離症

原因と治療法について~お困りの方はお気軽にご来院下さい~
原因

腰椎の椎弓が分離した状態のものを分離症と言います。
これは子供の頃のスポーツなどにおいて腰椎に繰り返しの負担がかかることにより疲労骨折を起こしたものだと考えられています。
腰を急激に捻じる、後ろに反り返るなどの動きにより発生します。
多くは第4、第5腰椎に発生し、腰が不安定になるため周辺の筋肉やじん帯に負担がかかりやすく腰痛を引き起こします。放置しておくと腰椎がずれてしまう分離すべり症につながり、腰から脚に対しての神経症状(シビレ、痛み、感覚異常など)をともなうようになります。

 
治療法

早期に発見して治療を開始すれば骨が修復されますので早めの受診、治療をお勧めします。
時間が経過するほど治りにくくなるので「しばらく様子をみよう」なんて考えてはいけません!
お子さんが腰に痛みを訴えたらすぐに当院にご来院下さい。

問い合わせ