本八幡で首肩・腰・膝の痛み・スポーツ障害等の治療なら東すがのみんなの整骨院へ
HOME>スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツ障害とは?

ほとんどのスポーツは決まった動作を繰り返すことが多く、練習では特に顕著になり投げる、走る、跳ぶ、捻じるなど身体のさまざまな部分を使い、酷使することになります。
これにより疲労がたまったり、同じ部分に負担がかかり続けるとオーバーユース(使い過ぎ)状態となり慢性的な痛みとなります。
また骨折、脱臼、捻挫など運動中のケガ(スポーツ外傷)やその影響も含めるとさまざまなものがあります。
いずれにしても早期の適切な治療と指導が重要となります。

 
問い合わせ