本八幡で首肩・腰・膝の痛み・スポーツ障害等の治療なら東すがのみんなの整骨院へ
HOME>部位別の治療案内

膝痛でお困りの方へ

原因と治療法を掲載しています。お困りの方は当院まで直接ご来院下さい。
歩くと痛い、曲がらない等の症状のある方
 
膝の外傷
 

じん帯損傷、半月板損傷、軟骨損傷、骨折など膝は多くのケガが起きやすい部分です。
膝は立っている状態でも体重の負荷をほとんど受け、歩く時で体重の3倍、階段の昇り降りで4~5倍、走れば7倍のもなり、スポーツなどではプラス捻じれなどの力が働くので膝を支えるじん帯や骨、膝の中にある半月板や軟骨などが損傷をきわめて起こしやすいと言えます。

膝に負担をかけないようにすることが第一です。安静状態を保ち、早めに来院して検査をしましょう。
当院では程度によりますがテーピング等での患部の保護やシーネと呼ばれる支えを作り固定をした上でマイクロカレントで治癒促進の治療、治癒後のリハビリまで行います。

変形性膝関節症

膝は日常生活において必ず使う部分であり、毎日負担を受けている消耗部分です。
しかし関節の表面にある軟骨や半月板には神経がないため、多少のキズには気づかずに使い続け徐々に削れたり、形が変化していきます。
つまり症状が出るのは個人差にもよりますが、かなり変形が進んでからなのです(スポーツ等で激しい負担があればなおさらです)。
膝痛、関節のグラグラ感、曲げ伸ばしが悪くなるなどの症状が見られます。

お医者さんに診てもらうと「治らないよ」と簡単に言われることがあると思います。
確かに変形が治る訳ではないのですが、理解していただきたいのは変形=痛みではないと言うことです。患者さんと話をしていますと「今日は調子が良い」、「今朝は大丈夫だった」このような言葉を良く聞きます。確かに変形は痛みの原因ではありますが変形があっても調子が良い時はあるのです。
しっかりとした治療をしていけば良い状態が少しずつ長くなり、結果として日常的に痛みのない生活に変えていけるということなのです。
当院では痛みを軽減させる治療はもちろんですが痛みの出にくい状態にするためEMSによる膝回りの筋力強化と手技による筋バランスを整える治療をしています。

治療案内
施術料金
 
問い合わせ