本八幡で首肩・腰・膝の痛み・スポーツ障害等の治療なら東すがのみんなの整骨院へ
HOME>部位別の治療案内

肘の痛みでお困りの方へ

原因と治療法を掲載しています。お困りの方は当院まで直接ご来院下さい。
スポーツ等で肘が痛くなった、物を持つと肘が痛い等の症状のある方
 
上腕骨外側上顆炎、テニス肘(バックハンド)、ゴルフ肘
 

スポーツや日常生活において手首を甲側に曲げる(背屈)動作や親指側に曲げる動作を繰り返していると筋肉の付着部である肘の外側にストレスが溜まり、炎症をともなう痛みが現れます。
医学的には上腕骨外側上顆炎といいますが、一般的にはテニスのバックハンド打ちで右肘を痛めることが知られており、テニスエルボーと呼ばれています。ゴルフではショットの時、左手首が外側に返る打ち方をしていると起こりやすく、ゴルフエルボーと呼ばれています。

しばらくは練習を控えて患部を冷やし安静状態にして下さい。
当院では患部に特殊電気治療を施し、関連している筋肉のハリを取る手技療法を行っています。またテーピングで患部の負担を改善させたりもしますので練習を休めない、動かしたいなどの場合にも対応しています。

上腕骨内上顆炎、野球肘、テニス肘(フォアハンド)

外側上顆炎と逆の動き、手首を手のひら側に曲げる(掌屈)動作や小指側に曲げる動作を繰り返していると筋肉の付着部である肘の内側にストレスを受けて痛みと炎症が現れるものを内側上顆炎といいます。
野球の投球動作による野球肘が良く知られていますが、テニスのフォアハンドでも内側に起きることがあります。

しばらくは練習を控えて患部を冷やし安静状態にして下さい。
当院では患部に特殊電気治療を施し、関連している筋肉のハリを取る手技療法を行っています。またテーピングで患部の負担を改善させたりもしますので練習を休めない、動かしたいなどの場合にも対応しています。

治療案内
施術料金
 
 
問い合わせ