本八幡で首肩・腰・膝の痛み・スポーツ障害等の治療なら東すがのみんなの整骨院へ
HOME>部位別の治療案内

肩の痛みでお困りの方へ

原因と治療法を掲載しています。お困りの方は当院まで直接ご来院下さい。
肩の凝りや痛み、急に腕が挙がらない、腕にだるさやシビレがでた等の症状がある方
 
肩こり
 

長時間の同じ姿勢が続く、たとえばパソコンでの作業、長時間の運転、家事、手先を使った仕事など数えればきりがない程あります。
このような状態が続けば筋肉は緊張して疲労し、血行不良をとなり、乳酸という疲労性物質がたまってきます、これが一般的に肩コリと呼ばれているものです。 ただし場合によっては何かしらの病気が原因の時もありますので注意が必要です。

仕事などの合間にこまめな運動をすることが一番の予防となります。肩をすくめたり首を回したり、あるいは腕をまっすぐに伸ばすなどが有効ですが、なるべくゆっくりと肩回りの筋肉を引き伸ばしていくイメージで行ってください。改善が見られない時は定期的な治療が必要です。

肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)

あるとき急に肩が痛くなりひどい場合は挙げることもできなくなる…これを一般的に四十肩あるいは五十肩と呼びますが、いまは肩関節周囲炎というものに含まれます。以前は40~50代に多く見られましたが最近では若い人に発症することも珍しくありません。
腕の重さは約3~4kg、それを長時間支えるのですから慢性的はストレスを受けるうえ、構造的にも腕を支える筋肉は痛めやすい場所にあるので心当たりがないのに急に痛みが現れることになるわけです。

主に肩甲骨回りの筋肉が炎症を起こし、そのままでは長い場合1年以上も症状が続くことがあります。
早めの治療が重要です、またあわせて痛めた部分に負担のかからないような運動療法も必要となりますのでご指導も致します。
日常的には物を持ったりせず、腕にかかる負担を出来るだけなくしてください。
三角巾などで腕を吊るのも有効です。

腱板損傷

おもに腕の骨(上腕骨)と肩の骨(肩甲骨)により肩関節は出来ていますが、その関節を支えて安定させているのが回旋腱板とよばれる四つの筋肉です(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋) スポーツなどで肩を使い過ぎると腱板が摩擦をうけて痛めたり、年齢を重ねると腱自体が弱くなり、日常的な動作でも痛めたりします。
また転倒して肩をぶつけたり、通勤電車などで吊革につかまっていると電車がゆれて急にガクッ!!となった時に腱板が骨に挟まれた状態になり痛めることもあります。場合によっては腱板の断裂を起こすこともあります。

周囲炎と同様に重い物を持ったり、無理に使い続けたりせずに安静にすることが基本です。
損傷の程度によっては治癒には時間がかかるので早期に治療を始めるのが良いです。
テーピング固定や補強によって患部の保護や症状の軽減、微弱電流による治癒促進、EMSによる周囲筋の強化等を行います。

治療案内
施術料金
 
 
問い合わせ