本八幡で首肩・腰・膝の痛み・スポーツ障害等の治療なら東すがのみんなの整骨院へ
HOME>部位別の治療案内

首の痛みでお困りの方へ

原因と治療法を掲載しています。お困りの方は当院まで直接ご来院下さい。
日頃から首が凝る、首すじが痛い、朝起きたら首が回らない等の症状がある方
 
慢性的な首の痛み
 

人の頭の重さは体重の8%ほど、個人差はありますが成人で5~7Kg程度です。その重い頭を支えているのが首であり、前かがみの姿勢や目線が下がっている時はつねに首に負担がかかっています。
デスクワークや家事などで長時間同じ姿勢が続けば筋肉が緊張して疲労がたまり、血液循環の悪化、目の疲れ、精神的ストレスなどが重なり、痛みやコリとなって現れます。

日常的には普段から首を良く動かすことが重要です。筋肉が伸び縮みすればポンプのような働きで血液循環を促進させて血行不良の状態を改善することが出来ます。
(なるべくゆっくりと動かして下さい、急激な運動は首を痛めることがあります。慢性化している場合は定期的な治療をお勧めします。)

むちうち

交通事故などの際に首が衝撃を受けてムチのようにしなることにより負傷するものでさまざまな型があります。

軽いものから重篤な症状につながるものなので放置すれば回復が遅れ、日常生活に支障もきたしますので自己判断は禁物です。
また事故の大小に限らず症状が出現することが多いので、軽い事故だからといって楽観せずに必ず検査と治療をすることをお勧めします。
(当院 TEL: 047-329-2626)交通事故に限らず首に衝撃を受けた時もご来院下さい。

寝違い

朝起きたら首を動かそうとしたら痛くて動かせない、くびが回らないなどの症状のものを言います。
睡眠中の不自然な姿勢が原因と思われるでしょうが実際は日常的な首の疲労が原因となっています。疲労のピーク時に不自然な姿勢となり首の筋肉が伸ばされると寝違いとなるわけです。

首の筋肉が炎症を起こしている状態なのであまり動かさずに安静にさせて下さい。
患部が熱っぽければ冷たいタオルなどで少し冷やしてもよいです。
間違っても強く押したりもんだりはしないで下さい!炎症を強くして悪化させるだけです(一時的に楽な感じがすることもありますが、感覚がマヒしているだけですので・・・)以外に長引くこともあるので早めに治療して下さい。

治療案内
施術料金
 
 
問い合わせ