本八幡で首肩・腰・膝の痛み・スポーツ障害等の治療なら東すがのみんなの整骨院へ
HOME>スタッフブログ

スタッフブログ

なぜ運動しなければならないのか? ③

筋肉の特徴を知る


筋肉には苦手なことがあります

それはじっとしている事と急に動くこと

じっとしている=同じ体勢を続けるため、筋肉に力が入った状態が続くということです

本来、筋肉は動くことで筋繊維が伸び縮みして柔軟性が得られるのですが

座った状態や立ちっぱなしでいるなどはその態勢を維持するため常に筋肉に力が入っている
訳ですから体がガチガチになって硬さが強くなってしまいます

この状態から動こうとすると筋繊維が強く縮こまっているので無理がかかり、

強張りや痛みを感じてしまうのです


筋肉は拮抗筋と呼ばれる逆の動きをする筋肉によって引っ張り合いっこで
                                           伸び縮みをしています

片側の筋肉が収縮して逆側が伸ばされる際にいかにスムーズに動かすかが大事なのですが

急激に動かすよりゆっくりと動かす方が無理なく筋繊維伸び縮みして負担が少ないんです

普段から運動をしていない人が急に走ったりすると肉離れなどのケガをするのは
急激な筋の動きに筋繊維そのものがついていけないために起こるわけです

これらのことを踏まえて日常的に運動をすることが大事なのです



投稿者 東すがのみんなの整骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
神社の祭りでソーラン節

昨日は夜に近隣の神社でお祭りがあり、そこで小学生がソーラン節を踊るのが
定番となっています

小学校では5年生が運動会で毎年、ソーラン節を披露して、その後は夏に神社と学校で

行われるお祭りでも踊るんです

今年はうちの次男が5年で昨日も参加できる子たちが集まり、素晴らしい踊りをしていました

お揃いの半被にはそれぞれが気に入っている漢字を一字と波の柄を自分で描いて

なかなか勇ましい感じです

ちなみにうちの子は「藤」です・・・

なんか捻りが足りないような、長男も同じでしたし

まぁ本人がよければ良いんじゃないかと

踊りは本当に皆かっこよく見事でした、来年も楽しみにしています



投稿者 東すがのみんなの整骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
なぜ運動しなければならないのか? ②
 

筋肉の特徴を知る


筋肉にはいくつか特徴がありそれを知る事は
    体のケアをおこなう上でとても重要となります

筋肉は収縮するもの

患者さんと話していると皆さん筋肉がゴムみたいに
伸び縮みするものだと思っている方が多いのですが

      基本的に筋肉は縮むことしか出来ません

筋繊維が収縮することで付いている骨を引っ張って関節を動かします

腕の動きで見てみますと













肘を曲げているのは上腕二頭筋が縮むためで、伸ばす時は逆側の
 
上腕三頭筋が縮むのですが、この時に曲げる時に縮んていた上腕二頭筋は伸ばされるんです

ということは逆側の筋肉が縮まないと先に縮んでいた筋肉は伸びることが出来ないわけです

これを普段の生活で考えてみると

勉強している時、台所に立って料理をしている時、スマフォをいじっている時、パソコンを使っている時
 
これらを行っている時、必ず腕を体の前に持ってくることになりますが
 
この動作は大胸筋が収縮して腕を前方に持ってきているのですが、そのあとどうしているか?

大抵はそのまま腕を下げてしまうと思います

ということは胸の筋肉が縮んだままになっているということ

肩甲骨を後ろに引いて胸を開く動作をしないと大胸筋が伸びてこずに姿勢が悪くなる

                                         ⇒猫背の原因となるわけです

これはからだ全体にも言えることで色々な筋肉をいかに伸び縮みさせなければいけないかと

いうことなのです
 
  








投稿者 東すがのみんなの整骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
なぜ運動しなければいけないのか?

昨日は昼休憩中の時間を使って地域のプラチナ会と言う敬老会で健康講座を行いました

今回は筋肉の働きについて話しをしたのですが皆さん意欲的に聞いていただき

質問もたくさん頂き、本当にありがたく満足いただけたかなと思います

今回は『なぜ運動をしないといけないのか』と言うこと
                           について話しをしてきましたので
                               その内容を少し書かせていただきます



なぜ運動をしないといけないのか、それは筋肉を働かせるため

運動することによって筋肉が動くわけですが、この筋肉を動かすこれが重要です

なぜか?それは筋肉にはさまざまな役割があり運動することによってそれらが機能するからです

筋肉の役割

⒈身体を支える(正しい姿勢の維持)
⒉身体を動かす(日常生活の動き、運動)
⒊内臓の保護(内臓を守り、働かす)
⒋血液の循環(血液を送るポンプ作用)
⒌リンパの循環(リンパ液を流すポンプ作用)
⒍熱を作る(体温の維持)
⒎脂肪の燃焼(エネルギーに変える)

ただ身体を動かしたり支えたりするだけでなく、さまざまな役割が筋肉にはあり

心臓や胃、腸などと同じ一つの臓器と考えてよいと思います

ただし、他の臓器と違うところは勝手に働いてはくれないというところです

筋肉が動いてこれらの役割が行われるということは逆を言えば

運動させないとこれらの役割が 『働かない』 と言うことになるわけです

これらの体のために必要な役割を行うために筋肉を動かすことが必要なのです

人は動けるのではなく、動かなければいけない、動き続けなければいけない生き物なのです










投稿者 東すがのみんなの整骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
15㎏減量に成功しました‼

社会に出てからは運動することも少なくなり

若い時は70㎏行くか行かないかぐらいだったのが70㎏後半になり

ここ数年は81~2㎏あたりで定着が当たり前になっていました・・・
私の身長を考えればどう考えても重すぎです‼

以前は少し痩せようと思えばすぐに75㎏ぐらいまでなら落ちたのですが
少し運動しても全然落ちずにもう無理かなと思っていたのですが

今年の2月ぐらいに少し胃もたれすることが増えたので朝晩の食べる量を減らしたんです

もともと昼食はとらない方が調子が良かったので朝晩二食の生活だったのでそれ以上減らす気は
なかったんですが、最近は一食の食べる量が多くなっていたみたいで少し減らしたんです・・・

一週間後くらいに体重計に乗ったところ
ストンと4㎏ぐらい落ちたんです、そうしたら何か気持ちのスイッチが入ったのか

自転車での通勤をやめて歩きにして、起床時と帰宅時に必ず体重計に乗り確認するようになりました
それにプラスして診療前に股関節回りを中心に全体的なストレッチをやりことにしました

途中ですこし停滞することもありましたが順調に体重が減っていき
最初は74㎏ぐらいになればと思っていたのが一か月しないで簡単に下回り、2か月目には70㎏を
切る勢いとなり、3か月目で60台に突入し

気が付けば67㎏となり約15㎏程の減量に成功していました‼

こんなに軽いには高校時代、部活に明け暮れていた時以来です
体調も良く、動くのも楽になり少しぐらい痩せても気づかれなかったのが
今は100%痩せたと言われます
急に痩せたので心配してくれる方もいますが
健康的に減量しているので心配いりませんから

思い介してみれば今までは少し運動すればすぐに落ちていたので
続かなかったり、いつでも落ちると思い怠けてしまっていたんですよね

適度な運動と体重をこまめにチェックし続けることで食事の量を加減して
それを継続することがいかに大切かということを改めて認識することが出来ました

でも一番はしっかりとした強い気持ちを持つことだということだと思います

今後もこの状態を継続しつつ出来れば65㎏あたりまでいければと良いんですが
あまり無理せず気長に続けていこうかなと考えております




投稿者 東すがのみんなの整骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
   
3