本八幡で首肩・腰・膝の痛み・スポーツ障害等の治療なら東すがのみんなの整骨院へ
HOME>スタッフブログ

スタッフブログ

膝の痛みのおはなし
膝が悪くなり病院で治療を受けた際、
けっこう患者さんとお医者さんで認識の違いがあります

例えば痛みがありレントゲンを撮り、診断中に患者さんが
治るもしくは良くなるか?とたずねた時

患者さんは「楽になるか?痛みがなくなるか?」もしくは「歩けるか?」
だいたいこんな意味合いで聞く方が多いと思います

でもお医者さんはレントゲンで変形などを見つけるとあくまで変形した状態
それに対して「良くならない」とか「老化だから仕方ない」
なんていう意味合いで返答することが多いようです



正常な膝関節            変形のある膝関節

患者さんが痛みを訴えている状態に対しても
患者さんは「痛みが出ないような状態」にしてほしい

それに対してお医者さんは「痛みを何とかしてほしい」のだなと考える
んですよね
だから治療としては痛み止めの注射溜まった水(潤滑液)を抜く
などあくまで痛みを軽くする処置を行うんです

でもこれは治療と言うよりあくまで対処療法でしかないんです
本当の悪い部分が放置され、出ている症状に対して対応しているだけなんです

まぁこんな感じで患者さんが望んでいることと
お医者さんが考えていることにはちょっと違いがあるんですね

お医者さんはしっかりとした検査等を受けて診断を下すのでレントゲン
の結果を重要視して、変形を見つければ当然「痛みの原因」と考え、
起きた変形は残念ながら元には戻らないので診断として変形は治らない
となるわけです
つまりお医者さんは痛みの原因は変形と判断するわけです

でも本当に原因は変形なんでしょうか?

膝に痛みがある患者さんから良くこんな話を聞きます
「病院でレントゲンを撮って診てもらったが何でもないと言われた」

この場合は疲れや筋肉痛、高齢の方は「歳だから」ですまされてしまいます

変形がないのに痛みがある・・・

変形がないから何でもない・・・

実はここにお医者さんが見落としがちな問題あるんです

それはどうゆうことか

それは・・・ (続く)




投稿者 東すがのみんなの整骨院 (2017年8月29日 15:22) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :